〒107-0062 東京都港区南青山2丁目26-38
TEL 03 (3404) 8447 (代) / FAX 03 (3404) 8107

文字の大きさを変更

寺歴 ~青山梅窓院史~

長青山 寶樹寺 梅窓院 略史

長青山 寶樹寺 梅窓院 略史

 浄土宗梅窓院は、寛永20年(1643)徳川家康公以来の家臣、老中青山大蔵少輔幸成公が逝去の時、 青山公の下屋敷内に13,247坪の地を画して側室を 大檀越として建立されました。(現在の梅窓院は三千余坪)
 寺号は青山幸成公の法名 「梅窓院殿香譽浄薫大禅定門」 と、 側室の法名 「長青院殿天譽利白大姉」 から、 長青山 寶樹寺 梅窓院と名付けられました。
 開山は戴蓮社頂譽上人冠中南龍和尚でありますが、 大本山増上寺十二世、中興普光観智国師を勧請して開山祖としました。以後、 青山家の菩提寺として今日まで歴代の当主、十三代の霊をお祀りしてあります。

長青山 寶樹寺 梅窓院 略史

 梅窓院の御本尊の阿弥陀仏は、江戸浄土宗寺院寺誌史料集 『文政寺社書上』によると、山の手六阿弥陀の一つとして信奉されておりました。 また三国伝来と伝えられ、古来より「青山の観音様」と愛称されてきた、 泰平観世音菩薩が安置されておりましたが、その観音堂は昭和20年の戦災で焼失。 その後、篤信者の願いにより、昭和25年に再建されましたがその御堂も老朽化した為、 平成7年10月に「新観音堂」が建立されました。
 平成13年まで使用してきた本堂は、正式名称を無礙光会館(むげこうかいかん)と言いました。 和洋折衷様式の鉄筋コンクリート造りで、大正14年建築。 当時より近代的な建物とされ、青山のシンボルとしても注目されていました。

長青山 寶樹寺 梅窓院 略史

 梅窓院墓苑内には、郡上藩主 青山家歴代の墓や、シーボルトの弟子として蘭学を学んだ 竹内玄同の墓、赤帽・赤服・赤塗りの馬車に乗り「天狗煙草」を売ったと言う 明治時代の 奇商であった岩谷松平の墓、江戸時代に幕府の法に反して建立された キリシタン燈籠などがあります。

 長年親しんできた無礙光会館も、時代の流れと共に老朽化が進んできました。そこで梅窓院では平成12年より、大々的な本堂復興事業を開始致しました。新たな本堂はバリアフリー設計で使いやすく、 どなたでもお参りしやすい、門戸の広いお寺を目指しております。

 平成15年6月に新たなる新本堂棟が完成し、平成16年11月20日に落慶式を執り行い、新たなる梅窓院がここに始動しました。

それでは、梅窓院の歴史を紐解きましょう。

青山梅窓院史