〒107-0062 東京都港区南青山2丁目26-38
TEL 03 (3404) 8447 (代) / FAX 03 (3404) 8107

文字の大きさを変更

第17回 文化講演会


~青山の地名の由来となった梅窓院の歴史を紐解く~
『梅窓院開山 観智国師源誉存応上人について』

徳川家康の厚い信任を得て、近世浄土宗の発展を基礎づけた高僧である源誉存応上人。
梅窓院はその存応上人を勧請して開山祖としました。
存応上人と梅窓院の関わりについて、歴史学者の宇高良哲上人にお話し頂きます。

日 程 令和3年 10月23日(土)
開 場 午後1時15分
開 演 午後2時
終 演 午後3時30分予定
会 場 梅窓院 祖師堂
入場無料・先着50名(自由席)

◎来場者には宇高良哲上人著『梅窓院史』を資料として1冊お渡し致します。
※既にお持ちの方はご持参をお願い致します。

【注意事項】
・空調の微調整が効かない場合がありますので、ご自身で温度調整できる服装でお越し下さい。
・小学生以下のご入場はご遠慮下さい。

【新型コロナウィルス感染症対策のご協力のお願い】
・ご来場前に、ご自身での検温をお願い致します。
・37.5度以上の発熱がある場合、体調が優れない場合はご来場をお控え下さい。
・極端な咳、くしゃみ、鼻水、のどの痛みなどの症状がある方はご来場をお控え下さい。
・当日はマスクの着用、手指の除菌・消毒にご協力をお願い申し上げます。
・祖師堂は常に換気を行います。
・ソーシャルディスタンスを保つため、お席の間隔を広めに空けております。

第17回梅窓院文化講演会 梅窓院開山 観智国師源誉存応上人について

講師プロフィール
大正大学名誉教授、文学博士、十連寺前住職
宇高 良哲(うだか よしあき)上人

昭和17年 埼玉県生まれ
昭和39年 大正大学文学部卒業
昭和44年 同大学院博士課程修了
大正大学教授・三康文化研究所研究員などを経る。
現在 大正大学名誉教授 文学博士

梅窓院の歴史を綴った『梅窓院史』執筆を始め、当山との関わりも深い。
また、令和元年10月増上寺にて開催された念仏フェステイバルで講演を行うなど、観智国師の理解を広めるのに精力的に活動している。


宇高良哲上人

お申込み

お申込みは電話またはE-mailで受け付けております。
ご希望の方は、氏名、住所、ご連絡先、希望人数をお知らせ下さい。
開催2週間前より入場整理券を発送しますので、当日会場受付にてご提出下さい。
梅窓院受付、郵送、FAXでも受け付けております。
※檀信徒の方は施主名をお知らせ下さい。
お申込み用紙はこちら

*お問合せ・お申込みは 梅窓院 青山文化村まで*
(受付時間 10:00~18:00)
TEL 03-3404-8588/FAX 03-3404-8436
お申込みフォーム

※ 駐車場はございません。お車でのご来場はご遠慮ください。
※ 祖師堂入口からお入り下さい。