〒107-0062 東京都港区南青山2丁目26-38
TEL 03 (3404) 8447 (代) / FAX 03 (3404) 8107

文字の大きさを変更

平成27年度 増上寺御忌詠唱奉納大会

梅窓院詠唱会のごあんない

増上寺大殿にて

第34回 御忌詠唱奉納大会
平成27年(2015)年4月3日・4日と大本山増上寺にて<御忌詠唱奉納大会>が行われました。
私たち支部は4月3日、奉納曲は<殉国精霊和讃の4番>を奉納いたしました。

ちょうど今年は、戦後70年という節目の年であり、ご先祖様の尊いご苦労があった上で今の平和があること。このご和讃を唱えるのにふさわしいめぐり合わせだと思い、一年前からお稽古をしておりました。

お稽古をすると、「歌詞がとても感動的で心を打たれる」「涙が浮かんでくる」という感想がありました。
それもそのはずで、作詞者は戦争体験者で吉水講詠唱の功労者であった「池上霊心先生」なのです。
崇高で尊いご和讃を大切にお唱えしなければと、当日は心を込めて奉納をいたしました。

当時の事を耳にする機会や、語り継ぐことは大切ではないかと思いました。
語り継ぐこと、それは色々な別の場面でも同じかもしれないと思いました。
講員さんの中には、まさにこのご和讃の内容通りという方もいらっしゃいます。
この詠唱を通し一層お念仏に精進することができたのではないかと思いました。

なお、<増上寺吉水講だより:第42号>に紹介文が掲載されるそうです。

梅窓院詠唱会のごあんない
梅窓院詠唱会のごあんない
講員奉納の姿ですが、緊張するなと言われても緊張してしまいますが、普段通りに精一杯奉納することをめざしています。
梅窓院詠唱会のごあんない 毎年、増上寺にて詠唱奉納ができる喜びで一杯の笑顔。お唱え終わったので満足感もありました、皆様お疲れ様でした。



参考に<殉国精霊和讃の歌詞>を紹介いたします。
1 平和の光 身にうけて 今日を寿ぐ同胞(はらから)よ 忘るるなかれ殉国の 尊き命そのいさを
2 瞼にうかぶ 門出の 別れの言葉あの姿 ありし面影しのびつつ はげみ進まん法(のり)の道
3 心をあわせ 助け合い 争いを捨て徳をたて 平和日本を築くこそ 精霊(みたま)に報るゆ道をかし
4 ゆきにし精霊(みたま)願わくば 国のゆくてを守られて 世界平和の礎に 力とめぐみ垂れたまえ
5 浮世の様は変われども くちせぬ誠(まこと)とこしえに たたえ祀らん御精霊(おんみたま)…
※5番の最期はお念仏で終わります<南無阿弥陀仏 阿弥陀佛>となります。

増上寺御忌詠唱大会 活動報告

平成27年度
平成27年4月3日 増上寺大殿にて
平成26年度
平成26年4月4日 増上寺大殿にて
平成25年度
平成25年4月3,4日 増上寺大殿にて
平成24年度
平成24年4月10日 増上寺大殿にて
平成22年度
平成22年4月4日 増上寺大殿にて
平成21年度
平成21年4月3日 増上寺大殿にて
平成20年度
平成20年4月3日 増上寺大殿にて
平成19年度
平成19年4月3日 増上寺大殿にて
平成18年度
平成18年4月3日 増上寺大殿にて
平成17年度
平成17年4月3日 増上寺大殿にて
平成16年度
平成16年4月3日 増上寺大殿にて
平成15年度
平成15年4月3日 増上寺大殿にて
平成14年度
平成14年4月4日 増上寺大殿にて
平成13年度
平成13年4月4日 増上寺大殿にて
平成12年度
平成12年6月29日 傳通院にて

ご入会問合せ

授 業 日 第2・第4 土曜日 14:15 ~ 16:15
場 所 梅窓院内(椅子席)
講 師 泉 博美(詠唱教司1級)
お茶代として 毎月1,000円
お問合せ 詠唱担当 泉 博美
Tel 03-3404-8447
もしくは、こちらよりお問い合わせください。


途中から入られても心配ありません。
ご興味がありましたら、ぜひ一度見学にいらして下さい。